『頭のいい説明 「すぐできる」コツ』熱意の書評

書評

頭の良い説明「すぐできる」コツ』

「人に自分の話を聞いてもらいたい!」
「話した内容を相手に理解してもらいたい!」
「もっと上手く説明できるようにしたい!」

誰しも一度は思いつく悩みを解決してくれる一冊。
ビジネスは信頼の世界。社内・社外ともに信頼される話し方を身につけよう。

スポンサードサーチ

結論から話せ

わかりやすい説明は結論から説明されている。
人は忙しいから基本的に他人の話は聞かない。

自分の話を聞いてもらうためには結論から話す必要がある。

大きい情報→小さい情報

いきなり詳細に入るとどんな内容の話なのか全くわからなくなる。
大枠から話し、詳細に移っていくことを意識すべし。

話の種類を伝える

例「〇〇について相談があります」

相手がすぐに話される内容がわかるように話をする。

聞き手と歩調を合わす

「ここまでよろしいでしょうか」

話の内容に認識がズレていないかを確認する。

客観的事実を先に話してから解釈を話す

事実と解釈を分けないと相手が間違った理解をしてしまい、返って良くない方向に進んでしまう。

説明の最後に「〇〇をお願いします」で占める

人間は感情で動く生き物。


貴方の熱意で動くものだ。

ロジックに加えて自分の熱意を吹きこめ。

一つの話に結論は一つ

話がぐちゃぐちゃになってしまわないように気をつけよう。

質問する前に「自分は目の前の相手に、何をお願いしようとしているのか」と自分に問う

事前に準備することでコミュニケーションが円滑になる。

お願いすることが複数ある場合はいくつ質問があるのか先に話す

結論ナンバリング法という手法だ。

「〇〇について〇点質問があります」

「結果を出す」説明をする4ステップ

1.相手に心の準備をさせる
2.客観的な「出来事」を伝える
3.自分の「解釈」を入れる
4.「お願い」をする

頭がいい人は例外なく「説明が短い」

不必要な情報を削除していく

相手にとって不必要な情報はいらないから削除しよう

相手が聞きたい情報から話す

例:業界全体の動向、競合他社の動向、「参加者がどんな商品に注目していたか」「どこに人が集まっていたか」

短い文章で相手に伝える

サウンド・バイトを用いる

小泉元総理の「感動した!」

がわかりやすい例

感動した!

エレベーターピッチで相手に伝える

1分間で相手に伝えるイメージを持っておく

相手に考えさせず、選択肢を作ってあげる

「これとこれがありますがどうしましょうか?私はこれが良いと思います。」
と選択肢を持ちつつ、自分の考えも持っておくと主体性があると思われる。

スポンサードサーチ

できる人は「箇条書き」で説明する

説明に「タイトルをつけてみる」

 ・説明で「一言だけ覚えてもらう」としたら、どんなキーワードか

 ・説明に「一言だけタイトルをつける」としたら、どんなキーワードか

できる人は「上司がどんな時にyesというか」を読む

上司の性格を把握しておき、YESと言ってもらうためにはこういう言質が必要だと予測を立てて準備する。

「いい言葉」が「いい信頼関係」を生む

1分間で信頼されるコツ

相手のスケジュールに気を使う。

例:「今日はこの時間しかないと思い、お忙しいところ大変申しわけございませんが、2~3分お時間いただけないでしょうか」

小さなことが信頼を生んでいく。

「私がやっておきます」という魔法の言葉

事前準備などを率先して引き受ける。

事前準備に時間を割く

訪問先の社長、担当者の名前を検索して何をしている人なのかを知っておく

「この人の話をまた聞きたい」と思わせる心理術

・継続的に接点を作る

相手に話してもらいたいテーマを自分から先に話す

・驚きのニュースを仕入れておく

競合情報を提供する

「~を始めた」「~をやめた」「~がうけている」など
相手が喜びそうなことを考える。

明日から実践できること

事前準備の量を増やす。

準備の量を増やすだけで格段に伝える質が高まる。
そのため、伝える時間が少なくても、伝えたいことをきちんと伝えられる。

コメント